Just another WordPress site

あなたの会社は 乗り遅れていませんか?

動画は「使いたい」から「使うのが当たり前」の時代に突入しました。Youtubeを軸にして動画活用の場は、FacebookやインスタグラムなどのSNSにも広がり、動画は以前よりも圧倒的に身近な存在です。

動画広告の市場規模予測

2014年に300億円程度だった動画広告の市場規模は、年々拡大を続け、2016年には842億円。東京オリンピックが開催される2020年には、なんと2700億円に達すると予測されています。

10代、20代の若い世代は、ホームページに動画が載っていないだけで「この会社は大丈夫?」と感じています。あなたはこの事実を受け止めて、経営者として対策を練らなければなりません。

HPやBlOGは検索結果の1割

2012年2月20日に行われた講演会で、Google副社長ロバートキンコー氏は、「ネット上のトラフィックの90 %以上がオンラインビデオになるだろう」と発言しました。この言葉は世界中のネットユーザーに衝撃を与えました。

でも、ちょっピンとこないですよね?つまり、こういう意味です。

ネット上でなにか検索すると、「ホームページ」や「ブログ」も情報が表示されます。でも近い将来、その検索結果は、大きく様変わりして「ホームページ」や「ブログ」は1割程度になり、代わって動画が9割になる。ということです。

Googleは、Youtubeを傘下にして、莫大な力を注いでいます。検索結果で動画が優先表示されるのは当然。動画はSEOでも有利になり、反対に動画を使っていないビジネスは、どんどん衰退します。始めるのが遅れて後発組となったら、それだけで不利な戦いを強いられます。

実際に一生懸命書いたあなたのブログ記事より、動画は約25倍もSEOで有利だと言われています。

これまでは、文字や写真だけをホームページに載せていれば、ビジネスになったかもしれません。でも、もう動画を使わなければ、ビジネスで『勝つ』ことは不可能な時代が迫ってきています。

動画の威力はあなたの想像以上です。ライバルに差をつけるには、どうすればいいのか?あなたが後発組にならないために「今すぐ動画マーケティングに取り組まなければいけません。

 

動画導入事例

実際に動画を導入した企業は、どんな変化があったのか?いくつか例を見てみましょう。

事例1:下着メーカーVIVIEN

商品PRをせずブランドイメージを一新した事例です。ストーリー仕立ての動画で見る人を引き込んでいきます。

●購入率:7倍(キャンペーン開始時比較)
●購入率1件あたりの費用:50%減

事例2:家族介護支援サービス

実写では生々しい認知症や家族介護というテーマをアニメーションを使ったストーリーで、わかりやすく配信しました。

●問合せ件数:倍増(前月比)
●見込み客からの問合せが増加した

事例3:日本配食サービス協会

高齢者向けにお弁当をお届けするサービスを全国に広める活動をしている会社さんを動画で説明しました。

●HPの開業希望者が20%増加
●介護福祉士さんからのブランドイメージUP

なぜ結果が出るのか?

1分間の動画がもたらす情報量は、180万語。WEBページに換算すると『3600ページ分』にもなります。人間が1分間に読める文字は『240文字』ですから圧倒的な情報量です。動画は目から入る「視覚情報」と「聴覚情報」で、文字と写真だけでは伝えきれない情報を、一度に伝えます。

でも動画なら「なんでもいい」という訳ではありません。YouTubeなどで動画が一般的になって以来、見る人の目もどんどん肥えてきています。ただ動画を流すだけじゃ、誰も最後まで見てくれません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

じつは、結果を出す動画に仕上げるためには”感情を動かす”『心理トリガー』を巧みに利用しています。心理トリガーとは、例えば

1. 物 語  :ストーリーで、感情を動かしやすく
2. 天国と地獄:痛みと快楽で感情を揺さぶる
3. 権 威  :社会的地位の高さと受賞歴
4. 限定性  :3日間限定、先着10名様など
5. 希少性  :10食限定、20年に一度など
6. 理 由  :なぜ美味しいか?今申し込む理由?
7. 誠実さ  :「安さの理由は一箇所傷があるから」と正直に話し、信頼性を獲得

など、全部で21個あります。ここでは心理トリガーのすべて取り上げません。が、結果を出す動画には、かならず”感情を動かす心理トリガー”が意識されて、構成・編集に生かされていることを覚えておきましょう。

自分で作る?外注する?

さて、ここまで読んでくれたあなたは、きっと「動画が有効なのはわかった。でも作るのは難しいじゃないか?」と思っていますよね。そうです。結果を伴う動画はそう簡単に作れません。もしあなたが動画を作るとしたら、次の2つの方を考えますよね?

1.動画制作のプロに依頼する
2.社内で制作する

です。社内で作ればほとんどタダ同然で作れます。でも安かろう悪かろうでは意味がありませんよね?マーケティングに熟知した動画制作会社を使えば、当然、制作費が高くなります。

社内で作った動画は、プロのクオリティには到底かないません。それどころか、中途半端な動画のクオリティは、商品の魅力を半減させ、会社のブランド力や評判をかえって落としてしまうでしょう。お金をケチった代償として失うものは計り知れない大きさです。

 

商品サービスを一番知っている人は誰?

良い動画を作るためには、動画に心理トリガーを仕掛ける必要があります。そのため、あなたの商品サービスを深くリサーチする必要があります。これは動画のプロに頼んでも同じプロセスがあります。

では、あなたの会社の商品・サービスを本当に知っているのは誰でしょう?それは誰でもなく『あなた』であり『あなたの会社の社員さん』です。

つまり、商品サービスの動画の作り手として、本来一番適任なのは『あなた』であり『あなたの会社の社員さん』なのです。もし、商品サービスを魅力的に見せる心理トリガーを仕掛けた『売れる動画』を作る技術をもつ人材を会社内に育てることができれば、それは、あなたの会社にとって、とてつもない利益をもたらす資産になるのではないでしょうか?

 

 

社内にプロ並みの動画制作スキルをもった社員を育成する

”心理トリガー”を用いて、予算をかけず、しかもクオリティを両立した動画を作る方法。その方法はたった一つしかありません。それは……「あなたを含めた、社内にプロ並みの動画制作スキルをもった社員を育成する」こと。そうすれば、いつでも好きな時にプロ並みの動画を制作して、マーケティングに活用できます。外注費は0円!クオリティもプロ並み!そんな動画を社内で制作&活用できるようになります。

とはいえ、簡単に動画のスキルが身に付くでしょうか・・・

 

動画制作のスキルを身につけるには、企画力、シナリオなどの構成力や撮影技術、編集技術が必要です。本来なら専門の学校に通うか?動画制作会社に入社して、5年〜10年以上の経験を積まなければ、身につきません。でも、今からそんな経験を積むことは難しいですよね?

 

でも……それを実現できる方法がひとつだけあります。それが……今回ご案内する『社内動画担当者 育成セミナー』です。

 

社内で動画が作れるメリット

このセミナーはテレビ業界で20年以上番組制作に携わり、視聴率の洗礼を受けながら「映像美」と「伝えるメソッド」を研究してきたスタッフが、本来、社内研修用として使ってきたものです。そのメソッドを今回、あなたに特別にお届けします。

もしも、あなたの会社に動画制作の担当者がいたら

社内の人間を使うから、外注予算=0円です。

外注せずに、プロ並の動画のクオリティを保てます。あなたの会社のブランド力を落とす心配がありません。

マーケティングの修正がすぐにできます。時間とお金が節約でき、結果が早く出せるようになります。

タイミング良くアイデアを形にできます。商品発表のタイミング合わせて絶妙なタイミングで広告を打てば、大きな効果が見込めます。

商品のPRポイントをわかっている社内の人間だから、打合せの手間が大幅に減ります。

SNSを使っても継続的に動画を発信できるから、SEOの効果も見込めます。

講師のご紹介

ここで講座を担当する講師をご紹介しましょう。

講師 –宮本 有−

岡山県出身。テレビせとうち株式会社でテレビディレクターとしてのキャリアをスタート。テレビ局に在局中に日本民間放送連盟賞を受賞。2017年には第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードにて東日本大震災のその後をクローズアップした「震災特番あの日からの私たち」にて優秀賞を受賞。また日本脚本家連盟ライターズスクールにて研修科・本科修了。スクール在籍時に書き下ろしたテレビドラマ脚本「僕とアイツと沈下橋」でスクール主催脚本コンクール新人賞受賞。

セミナー内容

このセミナーは、動画制作の基礎から、実際の作品作りまでを体験していただきます。合計2日間に及ぶセミナーでは、社内で動画を作るために必要なことを惜しみなくお伝えします。

講座終了後、あなたには会社に必要な動画が1本と、社内に動画の専門家が育成されることになります。仕上がった動画は、ホームページで使っても良いし、展示会で流しても構いません。その動画を使って売上アップにつなげてください。

セミナー料金

さて、気になるセミナー料金ですが、以下のように設定しました。

もしも人材を採用すれば、年間で約400万円はかかります。専門的な知識を持ったスペシャルですから、実際はもっと必要になるでしょう。これに社会保険料が加われば、さらに15%程度、負担がかかることを、経営者のあなたならご存知ですよね?

セミナーには一社で3人まで受講が可能です。つまり動画のスペシャリストを社内に3人雇うのと同じです。一人で400万円。3人なら…。そう考えていただければ、決して高い金額ではないと、ご理解いただけるのではないでしょうか?

 

 

本当に作れるようになる?

このセミナーで本当に動画を作れるようになるのか?心配ですよね?もちろん、経験は必要だと思います。

でも、行き先もわからず、どうやって作ったらいいのか?途方にくれることはありません。なぜなら、このセミナーで学ぶことは、動画制作の『原理原則』だからです。このセミナーで習ったことを愚直に実行するだけで、誰でも動画制作ができるようになります。また、いつでも質問を受け付けますので、わからないことがあれば、いつでもご質問下さい。

 

ただ毎日、会社でパソコンを使って、その操作に慣れている人と、これまで今まで一度もパソコンを触ったことのない人では、あまりにもスタート地点が違います。動画制作に全然、興味がない人がこのセミナーを受講するのは、正直、ハードルが高いと思います。

 

なので、このセミナーはこんな人にオススメします。

◯スマホなどで動画を撮影したことがある人

◯会社でパソコンを使っており、その操作に慣れている人

◯SNSでの発信に興味がある人

パソコン操作が普通にできて、動画制作に興味がある人であれば、経験は問いません。基本操作から丁寧にわかりやすく、動画制作のイロハ『原理原則』をお伝えします。

助成金で費用負担は約1/2

このメリットを手に入れるセミナーに参加する費用を、助成金を申請することで、大幅に削減することができます。2/3が国の負担で、あなたの負担は1/3だけです。あなたが全額負担する必要がありません。

 

 

本当に助成金って取れる?

心配ありません。
正社員のキャリアアップをお考えの経営者の方にオススメの助成金があります。以下の条件に当てはまれば、どなたでも申請して受給が可能です。

助成金支給条件

1. 労働者を雇用している事業所であること
2. 利用する社員様が雇用保険に加入しており、有期契約・短時間労働者でないこと
3. 表内のAまたはBのいずれか一方に当てはまる中小企業
4. 訓練実施計画届の提出日の前日から起算して、6カ月前の日から支給申請部の提出日までの間に雇用する雇用保険被保険者を、事業主都合により解雇等(退職勧告を含む)をしたことがない事業主

面倒な申請はすべて代行

助成金の申請は、すべて当社で代行します。この作業は、助成金のプロである社会保険労務士さんでも、じつは大変な労力が必要なのです。社内で誰かに作らせることもできるでしょう。でも、その時間を売上に結びつく施策を考える時間に使ったほうが、有意義ですよね。優秀な社長さんであるあなたなら、なおさらです。

お客様の声

山下 浩子さん
(株式会社デベロップ様)

これまでスマホで撮影して、自分で編集することはありましたが、カットを何秒でつないだらいいか?など、基本的なことを教わって来なかったので、勉強になりました。自分でいろいろ作ってみて、会社の動画をどんどんUPできたらと思います。

村田 治郎さん
(株式会社オフィス井澤様)

premiereは使いにくくて、手間が掛かる印象だったので、これまで敬遠していましたが、やっぱり教えてもらうと違うな、と思いました。意外に簡単に編集できることが分かったので、担当しているSNSの動画にも活用していきたいと思いました。

兼光 亮太郎さん
(株式会社ハップエンター様)

編集ソフトは前から気になっていましたが、自分でも家で買ってみたくなりました。基礎的な部分から一通りの完成までおこなえたため、充実していたと思います。後半、もっと素材があれば、楽になるなと思ったので、工夫してもらえると嬉しいです。

セミナー受講特典

期間限定ですが、このセミナーをお申し込みされた方には、もれなく次の特典を差し上げています。

1. 一年間サポート

セミナーを受講してくださったあなたには、1年間メールサポート(無制限)をさせていただきます。セミナー後、実際に動画制作に関るようになってから出てくる疑問は必ずあります。あなたのすべての質問にわかりやすくお答えします。

2. 無料修正(3年間)

動画制作後、昇進や結婚で名前や肩書きが変わってしまうことがあります。セミナーを受講された方は、ご自身でも修正可能なカリキュラムになっていますが、万が一、担当者がご不在の場合には、テロップ修正など無料で対応します。

3. YouTube管理指導

YouTubeチャンネルなどの管理の仕方をレクチャーします。せっかく作った動画を上手に活かしましょう。youtubeの動画再生回数の計測の仕方や、再生回数を増やすノウハウ、YouTube広告など、動画活用のノウハウをお伝えします。

90日間返金保障

 

まずは『社内動画担当者 育成セミナー』を試してみてください。もしセミナーを受講して、ひとつもタメにならなかったり、あるいは内容自体が気に入らないようでしたら、理由はどうであれ、受講日より90日間以内にご連絡いただければ、代金は全額お返しいたします。もちろん資料の返却も必要ありません。費用や手間がかかることもない。つまりあなたにとって、リスクはゼロということです。

この『社内動画担当者 育成セミナー』は、社内で動画を作るために必要なことを惜しみなくお伝えする講座です。動画の基礎を学びたい方にとって、成功する動画制作のための最短距離だといえます。機材の選び方や操作方法はもちろん、実際に動画を制作するのに必要な知識についても、わかりやすく整理してお伝えしています。そしてあなたの会社に必要な動画も1本、確実に手に入ります。動画は自由に使っていただいて構いません。つまり、申し込むだけで、助成金を使った少ない予算で動画が作れて、しかも会社内に動画の専門家を置くことができて、その動画を使って売上アップにつなげることができるのです。仕上がった動画は、ホームページで使っても良いし、展示会で流しても構いません。あなたが欲しいと思う動画を作れます。

もし、セミナーを受けた後で「ひとつもタメにならなかった」ときには、ご相談ください。

いずれにしても、ビジネスに必要不可欠なものになります。あなたがこの先もビジネスを継続して、しかも売上アップを望むなら、動画の重要性は増すばかりです。「社内動画制作担当者」が、あなたの会社の資産になってくれるでしょう。

そして、セミナーで教わったことを実践してみましょう。あなたのビジネスに間違いなくメリットがあるはずです。

連絡先:お問い合わせメールフォーム
TEL : 047-702-5963(平日10時~18時受付)
FAX : 047-702-5966(24時間受付)

最後に

お話ししたように、これからの経営に動画を使うことは、すでに当たり前の時代です。採用/教育/広報/販促など、会社経営にかんするすべてのことに、動画が必要なってきます。ライバルはすでに、動画を取り入れて、あなたの一歩先を行っていませんか?

 

もし、まだなら今がチャンスです。助成金を使って無理なく、動画制作担当者をあなたの社内に育成してしまいましょう。

 

3年後にあなたの会社が今のままか?それとも一歩先をいく先進企業になっているのか?それはあなたの決断次第です。
あなたのご応募をお待ちしています。

Copyright © 株式会社スタジオamu All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.